年長児がチャレンジ3年生の四教科テストに挑んだ結果

応援のポチ↓お待ちしてます★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
スポンサーリンク

チャレンジ3年生テスト結果

タブレットでやっている「チャレンジ3年生」に紙媒体の冬季テストみたいなものが付いてたのでやってみました!

国語 70点

算数 90点

理科 95点

社会 90点

合計:345点

各100点満点です。基本的な問題が多く、そう難しくない問題が多いテストなので、楽しく取り組めたようです。

スポンサーリンク

こどもチャレンジのテストについて

こどもチャレンジには紙媒体とタブレットがあって、両方取ることもできるんですが、うちはタブレットのみにしています。それでも夏休みと冬休みには紙媒体の問題も届いて、休み中は時間もあるので解いてます。

問題の難度は普段のこどもチャレンジと同様で、基本に則った教科書レベルのものが多く、ひねった問題や難問は100点満点とは別枠で用意されてます。

スポンサーリンク

教科別詳細

国語はひらがなをローマ字に直す問題で15点削られました。そしてなぜか漢字でも間違いが…。笑 長文読解は1問しか間違ってなかったので、まあ合格点でしょう。

算数は大きな桁を扱う問題で間違い。そういえば大きい数字ってあんまりやってなかったかも。

理科は1ミス。電気を通すものと通さないものって難しいよねえ。磁石がくっつくかどうかと紛らわしいし。むしろそれ以外が全部合ってたほうがすごい。なんか理科はすごい楽しいらしいです。

社会は社会科見学の問題。これはまあ仕方ないかな。90点でも十分だと思います。社会も理科と同じくらい好きらしいです。

スポンサーリンク

結果の考察と今後

うちではチャレンジタッチも全ての問題をやらず、僕がある程度絞ってここをやってねと伝えています。理由はタブレットの表示や反応に時間がかかったり、漢字の入力反応が不正確なので、子供にストレスがかかるためです。この点においてタブレット教材を比較するとスマイルゼミやRISUの方が優れていると思ってますが、それはまた別の機会に。

で、なんですが、今回はその飛ばしちゃった部分の問題で結構ごっそり失点しちゃいました。悪いことしたなーと思います。とはいえ全部やるのも大変なので悩ましいところ。子供が点数をあんまり気にしていなかったのは良かったです。

 

うちにとってのチャレンジタッチの大きな特徴は、親が完全にノータッチで子供だけでできるという点です。子供がどれくらい理解しているかが分かりにくいし、正直これまでもどの程度理解してんのかなあと思ってたんですが、今回かなり理解しているっぽいことがわかって良かったです。

現時点でこれを完璧にする予定はありません。その時間があれば、先に進んだり、他のことをやりたいと思います。僕も子供も。

完璧にする作業は、本来の学ぶべき年齢が来た時にやってもらいましょう。

応援のポチ↓お待ちしてます★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメント