年少児でも読めた!時計の読みの教え方(1年生・2年生)

応援のポチ↓お待ちしてます★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
スポンサーリンク

時計の読みの教え方

下の子がかけざん九九の五の段をマスターしたので、時計を読めることになりました!今回は、その時にやった時計の読みの教え方をまとめてみます。

九九を覚えた方法はこちらの記事で!

下の子(年少)が九九を覚え始めました
九九を覚え始めました 1桁の足し算と1桁の引き算がかなりできるようになってきた下の子、フライング気味に九九を覚え始めました。 覚え方は上の子と同じ、こどもチャレンジの九九CDです。これ。 実は最近ちょっとメロディが変わ...

スポンサーリンク

まずは時計の短針を読めるようにする

時計には長い針、短い針、秒針という3つの針がありますが、最初に読み方を教えるのは短針です。時計のいちばん短い針を読むので、時計以前の問題として「長い」「短い」の概念は知っておく必要があります。

で、その短針がどの数字とどの数字の間にあるか見ます。

小さい方の数字が、いま何時かを表しています。

・・・黄色線引くほどのことじゃないですね。笑

数字の「大きい」「小さい」も知っておく必要がありますね。

前提:「長い」「短い」を知っておくこと、数字の大小がわかっていること
スポンサーリンク

次に時計の長針(5の倍数)を教える

時計の長針を読むときに、掛け算九九を使います。

例えばこの時計だったら・・・

「5の段を言うと分かるよ」と教えるだけで割と直感的に理解できます。

ごいちがご、ごにじゅう・・・

あ、10だ!

となるわけです。

なので本来は九九の5の段を覚えてから時計の読み方を教えてあげたいところですが、九九は2年生でやるのに対して時計の読みは1年生でやるんですよね。(おそらく時計を取っ掛かりにして5飛びの数の数え方を身に付けさせ、掛け算に繋げるという意図だと思いますが…)

前提:5の段の九九を覚えていること

1年生の長針の読み方

学校や普通の早期教育で時計の読み方を教える時は、まだ九九を覚えていないので、長針に読みが振ってあるものを使うことが多いのではと思います。
ちなみに実際に時計として動くものと、子供が指で針をぐるぐる動かせるおもちゃのものがあります。子供の興味に合わせて、どっちでもいいと思います。
できれば子供が時計に興味を持った時に、自然な流れで読み方を教えてあげたいですよね。
なのでいつその日が来ても良いよう、五の段は早めに教えてあげたいと思っていました。
スポンサーリンク

最後に時計の長針(5の倍数でない)を教える

ここまでくれば一息、でも人によってはここからが大変かも?

時計の長針が5の倍数の5分、10分、15分の時は簡単に読めますが、そうではなく7分とか13分とかを教えていきます。

時間の時と同じように小さい方の数字を見て、そこから何メモリ進んでいるかを見ます。

例えば13分だったら、2と3の間にあって、そこから3メモリ進むから、10+3。

大人は時計の読み方が分かっているから簡単な気がしてしまいますが、子供は意外と苦戦します。

ちなみにここまでが、教科書では1年生が覚える時計の読み方です。

繰り返さないと定着しないかも

最後の5の倍数じゃない時に限らず、ここまでのステップは全て、1回教えただけだと定着しにくいです。毎日時計を読むことで、繰り返し練習することで、だんだんスムーズに読めるようになってくると思います。

この繰り返し練習をすることを考えても、やはり「学校でやるから」「テスト範囲だから」といった大人の事情のタイミングによってではなく、子供が時計に興味を持ったタイミングで、子供が楽しく学べるよう、教えてあげたいところです。

スポンサーリンク

2年生・3年生の時計

2年生・3年生になると、単に時計の読み方だけでなく、「8時の10分後は?」「5時30分の5分前は?」のように、時間を足し算したり引き算することになります。

特に「5時10分の15分前は?」のように、「○時0分」をまたがる計算は難しいですね。うちは下の子にそれを教えるのはまだ当分先になると思います。

スポンサーリンク

まとめ

時計の読み方を教えるとき、掛け算九九の五の段を覚えていると話が早いです。

子供がいつ時計に興味を持っても良いよう、足し算と引き算がバッチリになった子には、3の段とか4の段とかを完璧にする必要はないので、九九ソングCDを使って5の段だけでも早めに教えてあげたい、と個人的には思っています。

応援のポチ↓お待ちしてます★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

コメント