1年生にとって国語の難しさとは

応援のポチ↓お待ちしてます★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
スポンサーリンク

1年生国語読解力ドリル

このドリルを始めました。「小1/特訓ドリル 読解力」

うちの子は文章を読んで答える問題が好きなので、今回はそのための問題集を探しました。

本屋さんにある小1向けの国語ドリルをあるだけ全部見たんですが、問題数の多さと問題内容が割とストレートで単純だったのでこれに。文法問題や漢字の練習など文章題以外の問題がほとんどないのが、今回の用途においては良かったです。

スポンサーリンク

国語のテストで1年生が満点を取るには

国語のテストで1年生が満点を取るために必要なことをあえて文章化するならば、「大人が大人のルールで勝手に作る国語のテストに対してご機嫌を取る作業」ということになると思っています。

このくらいの年の子は、まだ会話の際に相手が聞きたいことを考えて話をするより、自分が話したいことを話すのが普通だと思います。その意味では国語の文章題の設問というのは、相手が何を聞いているか考えて答えるという慣れない作業になるのでしょう。

1年生にとっての国語の「難しさ」って、おそらく本文の難解さとかではないんですよね。

 

1ページ3分で終わらせてたので、うちの子的にはそんなに重い内容ではなさそう。

ということで、6月2日(なのかな?)の全国統一小学生テストに向けて、ゆるーく対策をしています。

応援のポチ↓お待ちしてます★
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ
にほんブログ村

コメント