低学年向け算数オリンピック(キッズBEE)をそろそろ真面目に検討する

スポンサーリンク

キッズBEEとは

キッズBEEとは、小学校1~3年生向けの算数オリンピックです。

小学生向けの算数オリンピックは学年に応じて3つに分かれています。

  • 小学校1~3年生:キッズBEE
  • 小学校4~5年生:ジュニア算数オリンピック
  • 小学校6年生:算数オリンピック
スポンサーリンク

我が家の予定表

上の子の直近の予定はこんな感じになっています。

  • 4月14日 算数検定(8級)
  • 6月2日 全国統一小学生テスト
  • 6月16日 キッズBEE予選
  • 6月23日 算数検定(7級)

ちょっと辛くない???

そもそも6月23日の算数検定すら辛いのではとか思ってたわけで・・・。

スポンサーリンク

キッズBEE参加不参加検討会議

キッズBEEの申し込みは5月20日まで。まだ考える時間はありますね。

ちなみに6月23日の算数検定の方が厳しくて、5月14日締め切りです。

まあ普通に考えたら、上記の予定を全部やるのは無理があると思います。4月から小学校が始まるので、環境が変わるストレスも多分あるでしょうし。

ただ算数オリンピック系は、受験に全力になってしまう高学年では対策に時間を割きにくいので、キッズBEEもまじめに取り組む「ならば」早いうちだと思ってるんですよね。なので対策しなくても、受けるだけ受けてみたらいいのかなと思っています。

うちの子は今の所テストで大きな失敗をしたことがないので、一度くらい格上のテストを受けて、まあ成功したら一番いいけど、失敗してやる気が出ればいいし、やる気が出なくてもデメリットは無いかなって感じで。

スポンサーリンク

もし現在キッズBEEに参加したら何点くらい取れるか

今日いきなりキッズBEE本番だったら20点くらいかもしれませんが、出来る限りの対策をすれば50点、ギリギリ予選突破するかしないかくらいは行くのではと思っています。

もっとも、僕自身が算数オリンピックを受けた頃と問題傾向や受験者のレベルが同じくらいならば、という話ですが…。僕もキッズBEEについてちゃんと調べないとな。

スポンサーリンク

まだ考える時間はある

改めて予定を見てみると・・・

  • 4月14日 算数検定(8級)
  • 6月2日 全国統一小学生テスト
  • 6月16日 キッズBEE予選
  • 6月23日 算数検定(7級)

算数検定8級はまあ楽勝そうだし後続にあまり影響しないのでいいとして、問題は6月ですよね。

お勉強以外にやりたいことが大量にあるので、お勉強に割り振れる時間が限られているという前提はありますが、5月はお勉強で自由に割り振れる時間のほとんどで全統小の対策をします。あ、大げさに書きましたが多分1日平均30分とかです。

そうなると、算数検定7級は全統小から3週間で完成させる必要があります。前にちょっと7級をやった限りでは、「割合」の概念が未履修なので、時間がかかりそうでした。なので余裕があるうちに、日常生活の中で割合の考え方をじわじわとステマしていこうかなと思っています。

算数検定7級さえ楽勝になれば、全統小から2週間はキッズBEEの対策ができるんですよね。とりあえず今から「割合」のステマを始めて、5月14日までに結論を出そうと思います。

コメント