子供にクイズ番組を見せた結果

スポンサーリンク

子供と一緒にクイズ番組を見ました

初めて・・・かどうかわかりませんが、子供にテレビのクイズ番組を見せました。

なんか小学校1年生から5年生の範囲の出題ということで、子供的には結構楽しめたようです。ちょいちょい正解もしていました。

上の子
上の子

お父さん、私にも問題出して出して!

ぼく
ぼく

よーし、じゃあ問題!(カーテンを留めるやつを指して)これの名前は?

上の子
上の子

え・・・。

ぼく
ぼく

じゃあ次の問題!レジでお金を払うこの箱の名前は?

上の子
上の子

わかんない・・・。

ぼく
ぼく

世界最大のカブトムシは・・・

上の子
上の子

ヘラクレスオオカブト!!!!!!

ぼく
ぼく

ですが、世界最大のクワガタムシは?

上の子
上の子

・・・・・・。

 

 

上の子
上の子

もっとクイズ出して出して!!!

クイズなんて時間が無限にあっても足りないので無理だ諦めなさいと言うつもりでわざと難しいのを出題したのですが、逆に興味を持たれてしまったようです。クイズ番組に出たいから毎日クイズを出してくれとのこと。マジか・・・。

ちなみに答えは、タッセル、カルトン、ギラファノコギリクワガタでした。

スポンサーリンク

クイズの入口ってあるのかな?

僕自身はゲームセンターのクイズゲーム(クイズマジックアカデミー)で全国ランカーだったことがある程度にはクイズをかじった経験があるのですが、基本的にはひたすら出題された問題を覚えることで強くなっていきました。

今ってクイズの典型的な問題がまとまってる本ってあるんでしょうか?

「ポロロッカ」とか「ラムサール条約」とか「青木まりこ現象」とか、世間では誰も知らないけどクイズ界の人なら誰でも知ってる典型問題ってあるじゃないですか。ああいうのをまとめてある本がどこかにあるといいんだけどなあ。いや、無いほうが子供のためか・・・。

コメント