全国統一小学生テスト過去問2018の結果!(1年生)

過去問を解いた結果!

2018年全国統一小学生テスト(1年生)の算数の過去問をやりました。

2018年は最終問題が全国正解率0.1%と大荒れに荒れた回。

10071人が受験して0.1%ですから、10人くらいしか正解できてません。ヤバすぎるだろ…。

ちなみに平均点も、100点中63.4点。最終問題以外も簡単ではありません。

 

 

そんな難問に挑む我が子

 

 

果たして最終問題は正解できたのでしょうか!?

 

 

 

結果は・・・!

 

 

 

 

100点/100点

 

 

全 問 正 解

 

 

 

\ ( ^ o ^ ) /

 

過去問解答の時系列での流れ

1番:30秒

2番:30秒

3番:30秒

4番:15秒

5番:45秒

6番:30秒

7番:30秒

7番までを3分30秒で終わらせ、残り11分30秒の状態で8番に入りました。8番は答えを6個探す問題なのですが、4個目までは2分で見つけるものの、残りの時間考え続けて、ラスト2分で6つの答えのうち5つ目に気づきました。

6つ目の答えに気づいたのは、終了のわずか10秒前でした。

つまり、見直しはできていません。また、その残り時間ギリギリで気づけるかどうかも運が絡みますし、慣れない試験会場では間に合わなかった可能性が高いです。それらを考えると、今回満点が取れたのは偶然と考えた方がよさそうです。

過去問の内容解説

2018年の全国統一小学生テスト算数は、大問1~8までの8問構成。

1番は「リンゴの数を数えましょう」的な問題から始まり、

「2、4、6、8、さて次はいくつ?」のような基本問題が4番まで続きます。

その後、5番から7番には下記のような幼児向け問題の定番問題が来ます。

  • 5番:左から3番目は誰でしょう(7人が一列に並ぶ問題)
  • 6番:この図形の大きさは三角形何個分でしょう
  • 7番:積み木はいくつでしょう(手前の積み木の裏側にも隠れてたりするやつ)

そして最後の8番が、サイコロを振って出た目に従って進むゲームの問題です。

全統小の算数過去問は最後の問題だけ難しい

全国統一小学生テストの6月は、小1の部が創設されてからまだ3回(2019年が4回目)ですが、この最終問題は毎回正解率1%クラスの超難問が来ます。そして2016年は見てないですが、2017年と2018年の過去問ではいずれもゲームをするという問題が出ています。

ゲームのルールの説明文が長いので、文章を早く正確に読む力が必要になります。

ただし今年から全統小の問題は傾向が変わるとみられます。下記の記事でまとめています
全国統一小学生テスト1年生、過去問の傾向と2019年の対策まとめ(算数・国語) | 爆走おてうブログ2020/2025
全国統一小学生テスト1年生・過去問の結果と傾向まとめ これまでに開催された全国統一小学生テストのうち、6月開催の過去問の結果と対策をまとめました。また、2019年の1年生の全統小は、これまでと大きな変更点があります。それも最後にまとめています。 なお6月の全統小に1年生の部ができたのは2016年からのようです。

今後の全統小対策

残り数日ですし、そもそもどんな問題が出るのか分からないので、そんなに対策できることもないですが・・・。

算数は難問対策でキッズBEEの問題でもやっとけばいいのではって感じもしてきました。特に設問に至るまでの説明の文章が長い問題を練習すると良さそうです。

うちの場合は基本問題はさすがに落とさないような気がします。基本問題の練習って意味では、1年生向けの問題集が良いと思います。「最レべ」とか「トップクラス」といった最高難度の問題集じゃなくて、もうちょっと普通のやつです。

国語に関しては、長文問題が記述式ではなく選択肢から選ぶというのが癖がありますね。世に出ている問題集の大部分は、文章題の解答は記述式になっています。選択肢の中から本文の内容と合うものを選ぶとか、選択肢の中から主人公の気持ちを選ぶとか、そういう問題は実は意外と練習できる機会が少ないのです。

子供って自分の考えを発表することはできても、他人の考えを批評するのって実はさらに難しいと思うんです。長文の答えを選択肢から選ぶ問題、全統小だけでなく今後も出会う可能性はあります。どうやって経験を積ませようか、ちょっと悩んでしまいます。

こちらも参考になります↓
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

コメント

  1. すいません。
    過去問てどこから入手できるのですか?

    • >全統小さん
      普通に手に入れる方法は無いと思います。代わりの方法として、以下の3つがあります。

      1.四谷大塚の公式サイトに登録して見られる(ただし直近の分がなかったり、国語の文章題など置いてない問題もあります)

      2.受験会場で事前に対策授業をする際に過去問を使ってくれるのに期待する(過去問を使わない会場もあるみたいです)

      3.去年受けたお友達を探す(お友達が偶然ヤフオクやメルカリをやっている可能性もありますね!)

      ネットに上げちゃってよければうちでアップしちゃうんですけど、誰もやってないし、どうなんでしょうね。。。今度ダメ元で四谷に聞いてみますw

タイトルとURLをコピーしました