キッズBEE第3回の解き直しをしたら大変なことに

スポンサーリンク

キッズBEE第3回の解き直し

キッズBEE第3回の解き直しをしました。

前に解いたのは1か月半くらい前だったかと思います。

その時は30点くらいでしたが・・・

 

 

解き直しの結果は・・・

 

 

50点!!

 

 

低いwww

 

 

と言っても第3回は難しい回で、いちおう50点で予選突破できます。あと計算ミス(2桁の足し算・・・)で10点ミスしたりはしています。でも、それでも一度やったことある問題で50点ってちょっと低いですよね。。。

スポンサーリンク

解きなおしに慣れていない

実はキッズBEEの問題に関しては、解説はしますが、後日解きなおすみたいなことってここまでほとんどしてないんですよね。

理由は簡単で、一度見た問題と初見の問題では解く意味合いが異なるからです。

キッズBEEに限らなくても、単純計算ではない文章題などは、同じ問題を何度もやるってのはこれまでほとんどやってませんでした。これに関してはまあ限られた時間で何をするかという話です。うちは解きなおしじゃなくてドンドン新しい問題をやってます。

 

一度見た問題を解く際は、どうしても「前はどうやって解いたっけ」を思い出すことになります。

「この問題を解くにはどんな解法があるかな」ではなくなってしまうのです。

テストで出るのは全て初見の問題。もちろんこれまで別の問題で使ったことがある解法が使える場合もありますが、それも「前に使ったあの解法が使えるぞ」と自分で判断してから使うことになるわけですから、やはり一度見た問題とは解く際の思考の過程が同じではありません。

ただ、一度見た問題を解くことに意味がないというわけではありません。同じ問題を何度も解くことで、「その問題の解き方」をマスターできます。そうするとテスト本番でその問題の解き方が使いまわせる問題が来た時に「前に使ったあの解法が使えるぞ、と思ったけどどんな解法だっけ・・・」となるのを防げます。

で、今回の第3回の解きなおしで、うちの子は一生懸命「前回どうやって解いたっけ」を思い出そうとしていました。「こんな感じだったはず」とか言って、意味のよく分からないうろ覚えの図を描きだしたりして。

他人の解法って自分の思考の流れと違うから、思い出しにくいと思うんですよ。

他人から聞いた解法を自分の解法に直して解きなおせたらいいんですけど、今回はまあそこまでする時間は無かったですね。まあギリギリ合格なので良しとしますが、ちょっと不安ですね…。

他の都合もある関係で、キッズBEEの対策ができるのは残り2日です。どきどき。

コメント