11月のまとめ

スポンサーリンク

11月のまとめ

上の子(小1)11月

  • 公文式数学・英語 中学生範囲
  • ブンブンどりむ
  • チャレンジタッチ4年生
  • 計算練習

他のやっていることと比べると計算力が低いので、計算力も小6程度相当まで上げたいと思っています。小6の問題をやるならどうしても計算速度も小6程度が必要となるためです。理由は前にも述べましたが、計算速度が遅い状態で文章題を解くと、計算中に問題全体の流れや今何をしていたかが忘れやすくなってしまう、などの理由が挙げられます。

最近は国語の古文にも興味を持ってきたみたいで、趣向の対象がだんだん中学生の内容に移ってきました。英語や国語はいいのですが、算数・数学については小学生問題の先に中学生問題があるわけではなく、両者はほとんど別のものなので、どういう方向性でやっていこうか悩んでいます。

こんなことばっかり書くと勘違いされそうですが、普段の趣味は小学生か下手すると幼稚園くらいの感じです。今日は折り紙で魔法のステッキを作ってなんかファントミっぽいダンスをしてました。

下の子(年中)11月

  • 公文掛け算、割り算
  • 算数文章題(ハイクラス算数1年など)
  • 2年生の漢字
  • 読書

算数は掛け算・割り算。掛け算は元々マスターしていたので、すぐに割り算に入れました。というか家では同時にやっています。例えば2の段の掛け算をランダムに答えるのと2の割り算を同じ日にやるなど。九九をランダムでやることについては、夏ごろはまるでできませんでしたが、毎日少量ずつやってきて定着が進んだのに加え、割り算をやることによってその必要性に気づき、一気に伸びたというのもあるのかなと思います。

最近「教えていないこと」をできることが増えてきました。別の教えたものや自分で考えたことを応用しているのだと思います。子供が目の前の課題や困難に対して自分なりの考えで挑んでいる時に、たとえ間違っていても、できるだけ阻害しないようにしています。上の子にも、「知識」は教えても良いが「やり方」は安易に教えてしまわないように頼んでいます。

漢字は興味が減ってきたようなので、続けるか分かりません。本は何でもいいので本人の気が乗った時だけ読ませてます。

スポンサーリンク

今後について

「国語」について僕自身が研究をしていこうと思っています。ここでいう国語とは中学受験の科目としての国語です。

小学校教育と中学受験の国語をできれば体系的に捉え、また受験の実際の問題を分析して、では受験のためには何をどのように教育していくか、を考えられたら良いなと思っています。

コメント