2月のまとめと今後のサイト構想

2月のまとめ

上の子(小1)

引き算と割り算で間違いが多く、スピードも不十分なので、少し特訓をしました。その結果、分野によっては2倍以上の速度が出るようになりました。また、間違いも減ってきました。少なくとも毎回間違いの内容をまとめていく中で、自分がどんなところを間違えやすいのかは理解できたようです。

数学は二次関数を理解したので、これから微積や古典力学などを教えていくつもりです。数学検定も、3級までは行けると思いますが、下の級から順番に受けていきます。

最近、夕食後に僕の作ったキッズBEE対策問題を妻と子供で解くというのが流行っています。1日1問。作る側は結構きついのですが…。

下の子(年中)

スマイルゼミが続いてるので続けていますが、国語で本文が読みにくかったり1単元がちょっと長すぎることがあり、親が見てやった方が良さそうです。(3月分を見たらそんなことはありませんでしたが)

この年齢ではありがちなことですが、簡単な問題が解けないのに難しい問題が解けたりします。難しい方を伸ばすのもいいのですが(子供はそっちをやりたがるものです)、簡単なものでここはやっておかないと後で大変になるぞという所は丁寧に潰していっています。

3月は週1回以上はここを更新したいと思っていまして、ブログランキングにも再び登録してみました。ランキングボタンは記事の一番下にありますのでよろしければどうぞ。

今後のサイト構想

とりあえず様子見で作ったこのブログですが、1年と少しが経ち、ここまでの経験で色々なことを学ぶことができました。

で、色々見ていく中で、現在の中学受験は

  1. 子供の勉強時間の負担が大きすぎる
  2. 親の金銭的負担が大きすぎる

という2点が非常によくないと考えるようになりました。

うちの子に限らず日本全体にとってという観点です。

子供の勉強時間の負担が大きすぎる

現在の中学受験では、小5あたりから遊ぶ暇が極端に少なくなっていき、ほとんど勉強漬けの日々を送ることになります。子供がもう少し早期から思考や計算などの能力を身に着けることで、あるいは受験期にやることの一部を先にやっておくことで、受験期の負担を軽減できないか、と考えています。

そこで出てくるのが「早期教育 極限攻略データベース」という構想です。比較的余裕のある低年齢期に少しやっておく方法を紹介して、後の受験期の負担を減らしてもらう、という考え方です。

実際はうちよりうまく行っているご家庭、進度の早いご家庭もあると思うわけですが、世間ではなかなかそういう人の情報が出てこないので、じゃあ僕が書いてみたら参考になるのではないか、というところです。

早期教育に対する誤解も多々あると思います。最近の早期教育のトレンドは、例えば何か意味のないものを覚えたり、無理に特訓をさせるというものではありません。そういうことも丁寧に説明していきたいです。

親の金銭的負担が大きすぎる

昨今は、塾に行かないと中学受験をするのがとても困難、という状況になっています。

しかし塾の費用は小6の1年だけで100万円以上、総額では数百万円と非常に高額です。

いっぽうでネットやYOUTUBEなどのコンテンツが普及し、勉強したければ誰でも勉強ができる環境が整いつつあります。参考書類も色々あります。あとはそれらの使い方と、中学受験に関する知識さえわかれば、塾なしでの中学受験も可能になるのではないかと考えています。

そこで出てくるのが「中学受験 極限攻略データベース」という構想です。塾は塾であって良いものだと思いますが、最終的には塾に行かなくても中学受験ができるという選択肢を提示できればと思っています。

20年前はゲーム攻略サイトなんて無かった

今となってはゲームの攻略情報はネットを調べれば出てくるのが当たり前なのでピンと来ないかもしれませんが、その「ゲームの攻略情報はネットを調べれば出てくる」という当たり前を20年近く前から作り上げてきたサイトの1つが極限です。

次は中学受験においてもその役割を果たせないか?と考えています。

ただ中学受験に関しては、現時点では僕自身がまだ分からないことの方が多いので、まずはその前の部分、つまり教育可能になる年齢から中学受験塾に入る前までの部分について、書きたいと思っています。

この1年ほど中学受験の状況を色々調べて、僕自身が受験した時とかなり変わっていることを知りました。

 

新しいことを始めると様々な困難があるものですが、とりあえずは手を付けてみて、実際にできるかどうかはそれから考えればいいかなと。

で、まずは早期教育のサイトを、4月を目標に・・・と考えていたのですが、期限を課すのはやめました。いざ試しに書き始めてみたら毒にも薬にもならないゴミ記事しか書けず、苦労しそうです。ゆっくり試行錯誤していこうと思います。

こちらも参考になります↓
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました