数検準2級過去問をやってみた結果

この記事は約2分で読めます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

数検準2級過去問をやってみた結果

上の子(小2)が、数学検定準2級(高1)の過去問をやってみました。

結果は・・・

一次:11/15 (合格点70%)

二次:7/10 (合格点60%)

ギリギリ合格した…!

細かい状況

高1範囲に関しては、公文をやっているので方程式は解ける、という程度です。ただ準2級は中3と高1の範囲が半々なので、高1範囲を全然できなくても意外と点が取れます。

因数分解などの基本的な計算問題を全問正解して、三角関数、補集合など知らない部分は全部不正解。

ただ、確率の問題は教えてないのですが取れたのと、ラストの思考問題がゲーム系だったので全問正解できて、ギリギリ届いたという感じです。

数学検定の問題は基本問題がほとんどなので、知らない部分もちゃんと教えれば準2級も安定して合格できるのではないかと思います。特に表記が難しいだけで概念は小学生でもわかる、集合の「A∩B」「A∪B」や、順列表記のnPrなどは、簡単に点数に結びつくと思います。

2級は難しそう

しかし準2級までは割とトントン拍子で来ましたが、2級に関しては合格できるビジョンが全く見えないですね…。2級は高2範囲ということになるのですが、三角関数は加法定理・和積などが増え、新規に指数対数、微分積分、ベクトル、複素数…と範囲が広がりすぎです。

ほんと中学受験の役にも立たないですし、どうせこんな早期に一度覚えてもすぐ忘れると思うので、ここらへんで子供が諦めてくれると良いのですが。

本人がやりたいと言っているうちは進めてみます。子供がプリキュアの名前と必殺技を覚える代わりにこれを覚えている、と思うことにします。

コメント