全統小のオンライン受験が高難度になる原因と対策

全統小のオンライン受験が高難度になる理由

今年はコロナの影響で、全国統一小学生テストのオンライン受験が可能になっています。

しかしオンライン受験にはオンラインならではの難しさがあり、そのせいで思い通りに解答できない子が出るかもしれません。

オンライン全統小の難しいと思われる点について記事にまとめてみました。

問題文に書き込みができない

全国統一小学生テストのオンライン受験では、問題は全てパソコン画面上で行われます。印刷ができないページもあると思われます。

算数の図形問題などでは、図形に直接書き込むことができないと、かなり解きにくくなります。他にも普段問題文に線を引くなど書き込みをしている子は、普段と勝手の違うテストになるので解きにくくなると思います。

当日初めてその問題を認識するようだと辛いので、予め確認しておくと良いと思います。

メモすらできないのはさすがに辛いので、手元に計算用紙を用意しておくなどする必要はありそうです。

縦長の問題で図を見ながら解けない

長文問題で、問題の一番最初に図や表があったりすると、とても解きにくいです。

問題を順番に解いていく中で、もう一度図を見ようとすると、問題の一番上までスクロールする必要があるためです。

図を見終えたらまた問題の所まで行き、上下に行ったり来たりする必要があります。

問題と図を同時に見られないというだけでも、かなりのストレスになると思われます。

子供のパソコン操作

例えば問題文のブラウザが手前にあると、当たり前ですが解答欄のブラウザに入力できません。問題文のブラウザを全画面表示にしたら、解答欄は当たり前ですが問題の後ろに隠れてしまうので見えません。

このように、パソコンに慣れている人には当たり前のことでも、慣れていないと厳しい部分がありそうです。

また、マウスでマークシートを選ぶ時も、マウス操作に慣れていない子は、マークしたい番号を選ぶのに時間がかかったりします。

他にも、テスト中にパソコンの自動更新が始まってしまい解答できなかったといった報告も見たことがあります。気を付けたいですね。

推奨環境、スマホやタブレットは…?

スマホだと字が小さすぎて問題が読めない気がします。タブレットでも、不可能ではないと思いますが、できるだけ画面は大きい方がいいです。

ちなみに推奨環境は下記の通りのようです。(早稲アカのページより)

推奨環境以外のものを使うと(macのPCを使う、PCでもブラウザでEdgeを使う等)、一見正常に動いているようでも入力した解答が保存されていなかった、といった報告も見たことがあります。

 

以上、最近似たようなテストを受けた経験からご報告しました。何かのお役に立てば幸いです。

こちらも参考になります↓
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました