下の子の足し算が早くなってきた

うちでの足し算の教え方

足し算についてはとにかく色々な方向から教えて、上手くいったものを採用しています。

 

最近下の子が、「2を足すこと」を「数直線で2つ右に行くこと」と理解したら、計算が早くなりました。

1を足すのは「次の数字」ですぐにできるようになりました。例えば3+1だったら、3の次の数字はなんだっけ、4だ!と答えます。

いっぽう5を足すのは「左手で5、右手で5じゃないもの」を作って、右の手のひらに左手を乗っけます。僕は「5が出たらペッタン」と教えていました。予め指で1から10まで作れることが前提条件ですが、例えば5+2だったら両手でパーとチョキを作って、パーの上にチョキを乗せたら、7になることがわかります。この方法に慣れたら、頭の中でペッタンができるようになり、暗算できるようになるわけです。

で、2に関しては頭の中に数直線を作って、2つ右に行く、という方法が何故かヒットしたようです。分からないものですね。

色んな教え方で足し算を教えること

いろんな方法で教えると子供が混乱して良くないとかいう人もいるようですが、それはおそらく短期間の間や1つ目のことが無意識にできる前に、2つ目のやり方を教える場合のことだと思います。1つ1つ身につけてから次に行く分には問題ありません。むしろ色々な教え方で教えた方が、数に対する理解が深まる機会を得られると考えています。まあ足し算は最終的には暗記するものなので例外的ともいえますが。。。

他にも4を足す場合は5を足してから1引く(実際は1を引いて4に1を加え、5を作ってからペッタン)など、いろいろな方法を教えています。うちの子の場合特にマンネリを嫌いますので、いろんな解き方がある方が楽しくやれています。

こちらも参考になります↓
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました