今年の夏が天王山

夏休みは子供がずっと家にいるので、親が教えているととにかく忙しくなります。

上の子は予習シリーズなら独学できるようになってきているのですが、予習シリーズは毎週1単元ずつ進む設計で夏休みはお休みになっているので、夏休みは別のことをやることになります。何をするのかは知りませんが何をするにしても僕が補佐する必要があります。

下の子は何かに乗っかっているわけではないし、独学も難しいので、こちらも僕が教えることになります。

年令と共に独学の比率が高まることが期待できることを加味すると、今年か来年の夏あたりが相対的に一番忙しい年になりそうな感じがしています。

親が子供に勉強を教えるいわゆる「親塾」の最大の弱点の1つが、2人以上の子供を見るのが難しいという点です。

最近上の子が、解説を自分で読むというのを少し始めています。これができれば親が知らないことも学べるようになるので、また1つ上の段階が見えてくる気がしています。AIが自己学習を始める的な。

コメント