ジュニア算数オリンピック過去問第2回(1998年)に挑戦

ジュニア算数オリンピック過去問第2回(1998年)をやりました。

分野 難度 正解率 結果
1 むしくい算
2 パズル やや易
3 パズル やや易
4 推理 やや難 ×
5 図形面積 ×
6 推理 普通
7 図形回転 普通
8 立体図形 普通
合計 60点

予想平均点40点、予想決勝ボーダー60点(公式情報不明)

何故か第2回だけは問題ごとの正答率も載っていないので、平均点や決勝ボーダーを予想することすらできません。なので上記は適当です。

第1回は受験算数寄りの問題が見られましたが、今回は思考力を問う問題が多めでした。図形3問という割合は変わらず。5はジュニア算数オリンピック特有の難問図形問題で、まあここが解けるようになりたくてやってるみたいなところがあるんですけど解けませんでした。

問題4は、推理問題によくある「普通だったら条件の数が足りなくて解けないはずだけど、条件の数字が偏ってるので可能性が数通りしかなくて解けてしまう」パターン。これは日常生活でも役に立つので、数字の羅列を見た時に、何らかの偏りに気づけるようになって欲しいですね。

3番では「0~5の数字」と書かれているのに1~6と見間違えて不正解まあ家で雑に解く時はそんなものですか。

第1回55点/決勝予想55点

コメント