ブログ復活


0 comments

こちらへどうぞ

2014年5月18日 最終回


29 comments

ということで、今日で日記を終了にします。
終了する理由として大きいのは

・いよいよ書きたいことが無くなった
 →妻に話すと満足してしまう
 →思ったことを書こうとしても既に過去に同じことを書いてることが多い

・時間が足りない
 →クオリティの高い文章を書くことが(実力はさておいても)難しい
 →子供や他の事に費やしたい

といったところ。
本当に飽きやすい僕がこんな長く続けられたのは、読んで下さった皆さんのおかげでして、大変感謝しています。読まれることによって書く側も楽しく書くことができます。読み手を具体的に仮想することによって、書きたいことを思い付くようにもなります。

今後もネット上の活動はどんどん減らしていくことになるだろうと思いますが、直接の知人の皆さんとは会える機会を増やしたいなあと思っています。特にパパ友各位とは教育関係の話で情報交換したいですね。

なんか書き忘れてることがあったら明日書けばいいやくらいに思ってて、慣れとは恐ろしいなあと思うわけですが、
こんなところで僕の方からは以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

2014年5月17日 五月祭


0 comments

五月祭へ。東大ゲーム研究会のRTAを見てきました。
昔に比べて、出し物としてのレベルが上がっているのが印象的。
ゲー研の部室が出来たというのが大きいそうで、
というかサークルは1990年代からあるのに10年近く部室をもらえなかったことの方が驚きですが、
そこに普段おいてあるテレビとかが展示で活躍していました。
また、教室備え付けのテレビが昔は使えなかったのが今は使用許可が下りるようになっていたり、
さらにはプロジェクターも導入されていて、より大きな画面でも見ることができます。
そしてそれらがすべて高い位置に設置されており、テーブル直置きで後ろの人に見えにくかった10年以上前の失敗が今もちゃんと生かされていました。画面の上にプレイヤーの名前が書いてあるのも良かったです。

等といったインフラ面もパワーアップしていますが、それ以外にも全体進行がマイクでちゃんと行われていたり、
終了後にプレイヤーが簡潔にプレイの講評を入れたり、解説がRTAに詳しくない人を考慮されていたり、
入口でこれは何だろうと覗き込むお客さんへ企画をどのように説明するかが予め部員間で共有されているなど、
「学園祭の出し物として」RTA企画を成功させようという意識を強く感じました。

RTAの内容の方は、DQ3はゾーマ戦で後半せかいじゅの葉が尽きてアタッカーが死ぬも、稲妻の剣とやいばのよろいの反射のみで残りをギリギリ削りきるなど、見ている人にとって楽しい展開でした。そしてクリアタイムは3時間6分と、見事に過去の五月祭・駒場祭のタイムを上回っていました。ゼルダの方は、進行はまんさくくんとかに任せますが、バグがあるのを嘆くのではなくRTAによって逆に楽しむという姿勢はゲーマーとして正しい形の1つだろうと思いました。他のはあんまり見れなかった!

ということで、とても楽しかったです!いい刺激を受けて帰ってきました。
いい刺激を受けたので数日後には僕も何かやってることでしょう。DQ10ですが。

RTA企画としてはここ数年でもかなりの盛況だったようで、満員で入れない時間帯もあったようです。
最近はRTAの日とポケモンの日があるようですが、ポケモンの日はもっと混むみたい。

2014年5月16日 結婚は30までにすべき


0 comments

女性は35歳を過ぎると子供を産みにくくなるという話が最近広まってきています。
なので子供が複数欲しいとなると、1人目は30歳くらいまでにほしいという話になってきます。
ということは一般的にはその前に結婚することになるわけですが、
じゃあ男性がものすごく年下の女性と結婚していいのかと考えると、
女性の方が平均寿命が2歳くらい高いわけでして、期待値としては女性が後半大分暇になることになります。
まあそれが嫌か良いかどうかは女性が決める事なんですけども、
そんなことも考慮すると、男性もやっぱり女性と近い歳、30歳近くで結婚するのが良いのだろうと思います。
題名は釣りです。

2014年5月15日 アプデ


0 comments

ドラクエ10のアップデート。
ボスが3匹出てくる結構きつめのアップデートでしたが、
3匹ともかなり守備力が高くて、変な構成で行くと詰む作り。
かといって転職してくるのは物凄く面倒な場所。うーん。