ジュニア算数オリンピック歴代平均点とトライアル通過点(ファイナル進出点)まとめ

ジュニア算数オリンピックトライアル平均点・ファイナル進出点

ジュニア算数オリンピックではまず最初にトライアル(予選)が開催され、得点上位の子は後日行われるファイナル(決勝)大会に参加できます。

ジュニア算数オリンピックのトライアル平均点と、ファイナル進出のボーダー点数は下表の通りです。

2018年以降のトライアルは平均点50点前後、ファイナル進出65~70点とやや高得点の傾向。なお2020年ファイナルはコロナで中止。
トライアル平均 ファイナル進出
2021年(第25回) 50点 70点
2020年(第24回) 52点 (中止)
2019年(第23回) 47点 66点
2018年(第22回) 45点 67点
2017年(第21回) 33点 51点
2016年(第20回) 22点 40点
2015年(第19回) 31点 49点
2014年(第18回) 32点 45点
2013年(第17回) 42点 60点
2012年(第16回) 47点 64点
2011年(第15回) 45点 60点
2010年(第14回) 47点 70点
2009年(第13回) 35点 54点
2008年(第12回) 35点 61点
2007年(第11回) 37点
2006年(第10回) 35点
2005年(第9回) 37点
2004年(第8回) 40点

ファイナル(決勝戦)のメダルと平均点

ジュニア算数オリンピックでは1位に金メダル、2位に銀メダル、3位に銅メダルが授与されます。

年ごとのファイナルの平均点と受賞者の点数は下表の通りです。

決勝平均 金メダル 入賞
2021年(第25回) 44 93 90 86 86
2020年(第24回) 77 60
2019年(第23回) 44 100 90 88 86
2018年(第22回) 43 87 86 80 68
2017年(第21回) 63 62 61 50
2016年(第20回) 25 93 89 62 51
2015年(第19回) 26 92 75 74 61
2014年(第18回) 64 55 51 48
2013年(第17回) 49 91 88 85 82
2012年(第16回) 27 78 73 71 58
2011年(第15回) 38 77 76 74 63
2010年(第14回) 45 85 83 79 72
2009年(第13回) 36 69 61 60 58
2008年(第12回) 12 51 40 39 30
2007年(第11回) 26 72 67 62 56
2006年(第10回) 24 68 63 60 52
2005年(第9回) 23 82 66 62 53
2004年(第8回) 46 100 90 88 76

 

コメント