低学年通塾の体力という落とし穴

スポンサーリンク

低学年からの通塾

ちょっと前にある授業を見学させていただいたのですが、ほとんどの子が授業に集中できていませんでした。

最初は集中しているのですが、集中力が30分も持たないのです。

 

これまでこんな光景は見たことが無かったのでちょっと驚きましたが、そういえば、これまで見学・体験したのって、ほとんどが土日でした。

ということで、これは単に集中力の問題とかではなく、学校で疲れているものと考えられます。

子供は体力が足りない

よく考えたら当たり前ですよね。小学校は低学年のうちは授業時間が短く、高学年になるとだんだん長くなっていきます。それは子供の成長を考慮したうえでのこと。

だから、それにさらに塾をプラスしたら、体力の限界を超えるのは自然なことだと思います。

電車で塾に行くなんてなったらなおさらですよね。

低学年で通塾するなら土曜がいい

ということで、通塾するなら土曜がいいなあと思うのですが、

しかし塾を決めて通塾するとなると、土曜日を選べるとは限りません。

土曜日しかやってない塾があればいいのですが…。笑

 

特に気を付けたいのが、学校で体育のある日など。内容によってはかなり疲れて帰ってきます。

その状態で塾に行くのは子供の負担が大きく、効率も悪そうです。

 

うちは何年生から通塾するのか、そもそも通塾自体するのかどうかも分かりませんが、なんにしても早いうちから体力は付けておかないといけないな、と思いました。

 

低学年から通塾してるけど伸びないという子は、もしかして、塾でちゃんと集中できてないのかも?

コメント