豊島岡が高校募集を停止!入学は中学のみに

スポンサーリンク

豊島岡が高校募集を停止!完全中高一貫校に

豊島岡女子学園が、2022年から高校からの募集を停止することになりました!

高等学校 入学試験の変更について
豊島岡女子学園公式ウェブサイト

これで豊島岡も完全中高一貫校になります。

▲豊島岡女子学園「高等学校 入学試験の変更について」抜粋

女子校の完全中高一貫化の流れ

女子御三家の桜蔭・雙葉・女子学院をはじめ多くの女子校が、高校での募集を停止しています。

そんな中、豊島岡は高校からの編入もできるだけ受け入れたいと、前にどこかのインタビューで話していました。しかし、2022年からは豊島岡も高校の募集停止し、完全な中高一貫校となります。

豊島岡高校の躍進

豊島岡高校は、現在は毎年東大合格者を数十人出すという超有名女子校となりました。しかし昔からそうだったわけではありません。

豊島岡は1989年に中学の受験日を2月1日から2日にシフトしたことで御三家のすべり止めとして注目されました。

また、2000年頃からは電車の交通網が整備され、神奈川方面などから豊島岡のある池袋に通いやすくなったことも人気化の1つとされています。

2003年の校長交代などによる校内改革も経て、豊島岡中学は現在ではとても人気の高い女子校となっています。大手塾の偏差値では既に女子学院と雙葉を超え、女子校では豊島岡が桜蔭に次ぐ難度となっています。

中高一貫における高校編入の問題点

中高一貫校の高校編入に関しては、やはり中学からの生徒と高校からの編入組の進度の差が問題となります。

豊島岡をはじめ中高一貫校では独自のカリキュラムで進めていくので、中3終了時点ですでに高1・高2の内容を習っていたりします。そのため、高校入試で入ってきた生徒はいきなりその授業に入っていくのがとても難しくなります。

ちなみに男女御三家で唯一高校からの編入がある開成高校では、高1の間だけ旧高(中学からの入学)と新高(高1からの編入)でクラスが分かれます。新高は夏休みにも特訓があったりして、かなり頑張って追いついて、ようやく高2からクラスがごちゃ混ぜになります。

スポンサーリンク

今後の豊島岡高校の入試はどうなる

豊島岡が高校の募集停止をするのは2022年です。

2020年の2月と2021年の2月は、まだ高校での募集があります。

つまり、高校の募集が停止されるのは、現在の中学1年生からとなります(執筆時点=2019年6月15日)。

豊島岡中学の定員は?

では2022年以降はどうなるかというと、中学入試に関しては変更がないとの発表も出ています。

つまり、2019年入試では豊島岡中学の募集定員が240人、豊島岡高校の募集定員が85人でしたが、2022年に高校募集が停止されることによって豊島岡中学の定員が325人に増えるわけではなく、定員は変わらないということだと思われます。

ということは、豊島岡には中学からじゃないと入れなくなるわけですから、2022年以降の豊島岡中学の人気は多少上がる可能性がありますね。

コメント