自宅受験の算オリ・キッズBEEの受験者数判明!どれくらい減少?【算数オリンピック】

2020年算オリ・キッズBEEの受験者数判明!

2020年の算数オリンピックと一連の大会は、コロナの影響で自宅受験となりました。

2020年の算数オリンピック・キッズBEEは通常開催中止、自宅開催に!
2020年の算数オリンピック・キッズBEEは自宅開催! 2020年の算数オリンピック・キッズBEEは自宅開催となることが決まりました! ・今年は...

その結果、受験者数はどのくらいになったのでしょうか?

公式サイトで、2020年の郵送された答案の総数を確認することができました!

(2019年の受験者数も参考にあげます)

2020年(自宅受験) 2019年(通常開催)
キッズBEE 1297人 1838人
ジュニア算数オリンピック 1147人 1855人
算数オリンピック 580人 917人
ジュニア弘中杯 362人 571人
弘中杯 171人 224人

どの部門も大体前年の60~70%程度となっているようです。キッズBEEはちょうど70%程度ですね。

算数オリンピックのトライアル(予選)は、他の中学受験塾が開催するテストと異なり、自社で会場を用意するわけではありません。なのでコロナの心配がある以上、通常開催は難しかったのでしょう。

来年は本家東京オリンピック同様、コロナに打ち勝ったうえで「完全な形」で開催されると良いですね。

こちらも参考になります↓
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました